メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桐生、スタートでリードも中盤から伸びず3組6着 男子100m準決勝

男子100メートル準決勝、3組でフィニッシュする桐生祥秀=カタール・ドーハで2019年9月28日、久保玲撮影

 陸上の世界選手権は第2日の28日、ドーハのハリファ国際競技場で男子100メートル準決勝があり、23歳の桐生祥秀(日本生命)が10秒16(追い風0・8メートル)で3組6着となり、この種目で日本勢初の決勝進出を逃した。五輪では1932年ロサンゼルス五輪で吉岡隆徳が決勝に進出し、6位になっている。

 日本選手初めての「9秒台」など国内短距離界の歴史を塗り替えてきた桐生だが、新たな扉は開けなかった。

 桐生の組は全員が自己ベスト9秒台を持っていた。その中で、スタートで勢いよく飛び出し、序盤はリードを奪った。見せ場は十分だったが、中盤以降、海外勢に抜かれて6着だった。それでも「今回ワクワクした状態でスタートラインに立てたのは収穫かな」と振り返った。

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示要求で出した文書に

  2. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

  3. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  4. 「クラクションに腹が立った」 あおり運転の疑いで中学校教諭を書類送検 兵庫

  5. ヤングケアラー~幼き介護 埼玉の高校生20人に1人が家族介護 大阪でも同傾向 半数超が中学以前から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです