メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上2019

鈴木雄介、50キロ競歩で金「世界一美しい歩き」引退の危機乗り越え 東京五輪決定

 陸上の世界選手権は第2日の28日、ドーハで男子50キロ競歩があり、鈴木雄介(富士通)が4時間4分20秒(速報値)で優勝した。五輪、世界選手権を通じて競歩で日本選手初の金メダル獲得となった。鈴木は3位以内で日本選手最上位の条件を満たし来年の東京五輪代表に決定した。同種目で日本選手は3大会連続のメダル獲得となった。世界選手権で全種目を通じて日本選手の金メダルは、2011年大邱大会の男子ハンマー投げの室伏広治以来、4大会ぶり。

 2年以上に及ぶ故障を越えて精神的にたくましくなった鈴木が4年ぶりに戻ってきた世界選手権で日本競歩界…

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文901文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  5. 私だけの東京・2020に語り継ぐ 漫画家・清野とおるさん 「ダメでいい」赤羽の深さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです