メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界陸上2019

鈴木雄介、50キロ競歩で金「世界一美しい歩き」引退の危機乗り越え 東京五輪決定

 陸上の世界選手権は第2日の28日、ドーハで男子50キロ競歩があり、鈴木雄介(富士通)が4時間4分20秒(速報値)で優勝した。五輪、世界選手権を通じて競歩で日本選手初の金メダル獲得となった。鈴木は3位以内で日本選手最上位の条件を満たし来年の東京五輪代表に決定した。同種目で日本選手は3大会連続のメダル獲得となった。世界選手権で全種目を通じて日本選手の金メダルは、2011年大邱大会の男子ハンマー投げの室伏広治以来、4大会ぶり。

 2年以上に及ぶ故障を越えて精神的にたくましくなった鈴木が4年ぶりに戻ってきた世界選手権で日本競歩界…

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文901文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 阪急踏切でレール破断 上下線で徐行運転 大阪・摂津

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです