メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「これから第一歩」元横綱・稀勢の里 大いちょうに別れ 白鵬ら300人はさみ

断髪式を終え、大勢の報道陣に囲まれながら整髪される元横綱・稀勢の里の荒磯親方(中央)=東京・両国国技館で2019年9月29日、小川昌宏撮影

 今年1月の初場所限りで現役引退した元横綱・稀勢の里(荒磯親方)の断髪式が29日、東京・両国国技館で行われた。白鵬、鶴竜の両横綱や66代横綱・若乃花の花田虎上さん、元横綱・日馬富士のダワーニャム・ビャンバドルジさんら約300人が大いちょうにはさみを入れた。

 父の萩原貞彦さんがはさみを入れると、荒磯親方は涙を拭い、最後に田子ノ浦親方(元前頭・隆の鶴)が大たぶさを切り落とした。荒磯親方は「(まげは)力士の象徴…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック感染対策、難題手つかずで越年 定まらぬ観客対応、膨張する費用

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 野党4党、会期延長動議提出へ 菅政権「逃げ切り」批判 自民は「しない」明言

  4. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  5. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです