メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウルグアイ連続番狂わせならず 中3日でミス、足止まる ラグビーW杯

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は29日、埼玉・熊谷ラグビー場で1次リーグD組の試合が行われ、ウルグアイ(世界ランキング17位)はジョージア(同11位)に7―33で敗れた。

 ウルグアイは格上のジョージアに対し、前半を7―12で折り返して善戦した。しかし、4大会ぶりのW杯での白星を挙げたフィジー戦から中3日の過酷な日程も響いたのか、後半はミスが目立ち、足も止まった。2試合連続の番狂わせとはいかなかった。

 ウェールズ戦から中5日で臨んだジョージアは、先発メンバーを12人も入れ替えた。しかし、ウルグアイはフィジー戦から2人を入れ替えただけで、ガミナラ主将は「大会日程はずっと前から把握し、準備してきた。スケジュールについて触れるのは言い訳になってしまう」と気丈に振る舞ったが、選手に疲労の色は濃く、平凡なハンドリングミスが相次いだ。

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文735文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです