メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「男冥利に尽きる」ボクシング連盟前会長・山根明氏の新団体が初試合

試合後にリング上でポーズを取る山根明会長(左)と高橋知哉=京都市上京区のKBSホールで2019年9月29日午後8時46分、来住哲司撮影

 日本ボクシング連盟前会長(昨年8月辞任、今年2月除名)の山根明氏(79)を会長にして今月設立された新団体、ワールド・ヤマネ・ボクシング・チャンピオンシップ(WYBC)プロボクシング連盟の初試合が29日、京都・KBSホールで行われた。山根会長は試合後にリング上で「ここに立てたことは男冥利に尽きます。若い世代への教育の一環としての団体を立ち上げた」とあいさつした。

 試合はWYBC認定の世界ヘビー級タイトルマッチ3回戦で、プロ格闘技の興行の最後に組み込まれた。4メートル四方の狭いリングで戦うマイナー団体「ワールド・ストリート・チャンピオンシップ」(WSCS)の世界同級王者の高橋知哉(BONECRASH)と、同様のマイナー団体「ワールド・ナックル・チャンピオンシップ」(WNFC)の世界同級王者のダニエル・ハット(ブラジル)の対戦。両者とも素足で戦い、高橋が左ジ…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです