メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

「一生に一度」なら=永山悦子

永山悦子記者

 日本の大金星にわくラグビー・ワールドカップ(W杯)。うたい文句は「4年に一度じゃない、一生に一度だ。」。今年で9回目になるが、日本はもとよりアジア開催も初めてだから、多くの人にとって「一生に一度」も大げさではないだろう。

 その「一生に一度」が楽しい思い出ならいい。ところが、開幕直後、ネットで目立ったのは批判の声。大会スポンサーに配慮して飲食物持ち込み禁止をルールとしているのに、会場内で飲食物が極めて手に入りにくい……という「残念」な観戦環境に対してだ。

 「やっぱり」というのが私の感想。今月6日夜、熊谷ラグビー場(埼玉県熊谷市)で開かれた日本と南アフリ…

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. ラグビー日本代表・プロップ具智元が日本国籍取得

  5. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです