メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

「一生に一度」なら=永山悦子

永山悦子記者

 日本の大金星にわくラグビー・ワールドカップ(W杯)。うたい文句は「4年に一度じゃない、一生に一度だ。」。今年で9回目になるが、日本はもとよりアジア開催も初めてだから、多くの人にとって「一生に一度」も大げさではないだろう。

 その「一生に一度」が楽しい思い出ならいい。ところが、開幕直後、ネットで目立ったのは批判の声。大会スポンサーに配慮して飲食物持ち込み禁止をルールとしているのに、会場内で飲食物が極めて手に入りにくい……という「残念」な観戦環境に対してだ。

 「やっぱり」というのが私の感想。今月6日夜、熊谷ラグビー場(埼玉県熊谷市)で開かれた日本と南アフリ…

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 玉沢元農相、自宅前で撃たれる 80代男が出頭、金銭トラブルか 命に別条なし

  3. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  4. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  5. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです