メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽

純烈コンサート「令和元年!最終決戦!!」 「一生懸命」こそが芸=評・川崎浩

 皮膚感覚レベルで共感できる歌手や芸能人のパフォーマンスは、庶民の心に深く刻まれる。特に苦労やつらさや痛みなど「あるある、そうなんだよね」というシンパシーは、リアルであればあるほど、大きく深くなる。昨年来、人気急上昇中の男性4人組「純烈」の「令和元年!最終決戦!!」と題したコンサート。鍛え上げた技術や天性の歌唱力といった評価軸ではなく、なりふり構わぬ一生懸命な歌とダンスや客のために汗をかくのをいとわぬ姿勢が大きな拍手を得る。「頑張ればどうにかなる」という、どこか泥臭い昭和的なスタイルが、クールな令和の観客の心に“ポッ”と温かな灯をともしているのだ。古くて新しい、いや、古いから新しい中年アイドルの姿を見た。

 リーダーで俳優の酒井一圭が、復帰が危ぶまれるけがをして入院している最中の2007年、「夢に、何度も…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文791文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サンマが黄色く変色…「メインおかず」抜きの給食に 草津の小学校

  2. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  3. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  4. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  5. 熱血!与良政談 逃げ切らせないために=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです