メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動き出す仏たち

活用の時代に 先進技術で「クローン文化財」 欠損も復元、精神を伝える

クローン釈迦三尊像(中尊)の原型の肩に手を置く東京芸術大の宮廻正明名誉教授=東京都台東区で2019年9月18日午後0時3分、花澤茂人撮影

 1400年前の「アルカイック・スマイル」が目の前にあった。東京芸術大(東京都台東区)の陳列館で29日まで開かれた「スーパークローン文化財ってなに?」展で、法隆寺(奈良県斑鳩町)金堂に安置される国宝・釈迦(しゃか)三尊像の樹脂製レプリカが展示された。正確には「レプリカ」ではなく、「クローン」の原型だ。

 宮廻(みやさこ)正明名誉教授を中心とする東京芸術大「アーツ&サイエンスラボ」のチームは2年前、本物…

この記事は有料記事です。

残り1179文字(全文1380文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 皇居近くの首都高でトレーラー炎上

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです