東日本大震災

遺族の声、じっくりと 岩手・陸前高田の赤川さん カフェ閉店「漂流ポスト」専念

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「漂流ポスト」に足を運ぶ遺族は絶えることがなく、赤川勇治さん(右)は「寄り添っていきたい」と話す=岩手県陸前高田市広田町で2018年6月、根本太一撮影
「漂流ポスト」に足を運ぶ遺族は絶えることがなく、赤川勇治さん(右)は「寄り添っていきたい」と話す=岩手県陸前高田市広田町で2018年6月、根本太一撮影

 東日本大震災などで亡くなった人への手紙を預かる岩手県陸前高田市の「漂流ポスト」。管理する赤川勇治さん(70)が30日、併設のカフェを閉店する。接客に追われるのではなく、ポストを訪れた遺族に寄り添い、その思いに耳を傾けることに専念するつもりだ。【根本太一】

 一人で暮らす市内の自宅に、カフェ「森の小舎(こや)」を開いたのは2010年。高台にあり、翌年3月にあった津波からの被災は免れたが、市の中心市街地は壊滅した。店で笑顔を絶やさなかった常連客たちは住む場所を失った。

 秋が訪れたころ、長い避難所生活に疲れた常連客たちがカフェを訪ね、「心を落ち着かせられる時間と場所がほしい」と打ち明けてきた。

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文827文字)

あわせて読みたい

注目の特集