メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

桂米紫 芸歴25周年で25日間の連続落語会を開く 人情から滑稽まで50席

落語家の桂米紫さん=大阪市北区で、梅田麻衣子撮影

 芸歴25周年を迎えた落語家の桂米紫が、来月4日から25日間におよぶ連続落語会を開催する。コツコツ努力を積み重ねてきた米紫ならではの、意欲的な企画。毎日2席、計50席。ドラマチックな人情噺(ばなし)からバカバカしくて笑える滑稽(こっけい)噺まで、四半世紀の軌跡を一気に披露する。

 米紫は1994年、桂塩鯛(当時都丸)に入門。9年目の時、師匠が25周年で25日連続落語会を開催したのを間近に見た。最近まで「自分には無理かも」と考えていたそうだが、地道にネタ数を増やし、集客力も上向きに。手応えを感じ、開催を決断した。

 持ちネタ約100席の中から選んだ50席は、一つ一つに思い入れのある多彩なラインアップ。大ネタ「帯久…

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文1048文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです