メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富士市が「北斎サミット」 全国初開催、魅力を追究 ゆかりの自治体集合 来月19、20日 /静岡

「駿片倉茶園ノ不二」で描かれたと見られる風景=静岡県富士市提供

 富士市は、江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎(1760~1849年)が没後170年となるのに合わせ、10月19、20日に、ロゼシアター(同市蓼原町)で「北斎サミットin富士」を開く。北斎にゆかりのある自治体や団体が全国から集い、シンポジウムなどを通して魅力を知る国内初の取り組み。市内を巡るツアーも企画されており、いずれも同9日までに申し込みが必要。ツアー以外は参加無料。

 北斎が富士山を主題に描いた代表作「富嶽三十六景」の中で、三つの作品が富士市を舞台に描かれたとされて…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原殺傷被告、起訴内容認める考え 法廷に立つことは「気まずい」

  2. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

  3. ORICON NEWS 鈴木愛理、結婚で“同姓同名”の畠山愛理を祝福「なかなかない奇跡が嬉しい!」

  4. 中村哲さん銃撃後「誰も生きていないな」武装集団4人前後、計画的犯行か

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです