メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海百景プラスα

干支凧作り最盛期 /愛知

一枚一枚、手作業で仕上げられる来年の干支のネズミが描かれた和凧=名古屋市西区で

 江戸末期より、たこを作り続ける名古屋市西区押切の和凧(わだこ)製造卸会社の「凧茂(たこも)本店」で、来年の干支(えと)「子(ね)」にちなんだネズミの描かれた干支凧作りが最盛期に入った。

 愛らしい白ネズミが唐辛子に乗った絵が描かれた国産和紙に6本の竹ひごをのりで貼り付ける。小型のものやカレンダーが描かれた凧など5種類を今年中に…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  3. 「桜を見る会」 与党に「推薦依頼」 官邸ホームページ動画に「招待枠」発言も

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 新国立競技場でラグビー大学選手権決勝を開催 来年1月11日

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです