メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災記憶、外国人も共有 在留者ら減災学ぶ 神戸・人と防災未来センター /兵庫

「人と防災未来センター」で阪神大震災を伝える展示に見入る参加者たち=神戸市中央区で、木田智佳子撮影

 在留外国人が増える中、公益財団法人「県国際交流協会」(HIA、神戸市中央区)の日本語教室に通った外国出身者らが今月、「人と防災未来センター」(同区)を見学した。阪神大震災の展示や映像を通して、防災や減災について学んだ。【木田智佳子】

 参加したのは、韓国、中国、フィリピン、インド、ブラジル、シリアなどから、仕事や結婚、留学のため来日した人たち。同センターでは、震災の記憶をつなぐ写真や仮設住宅のジオラマなど、展示品についてボランティアスタッフから話を聞いたり、避難時に必要な物を実際に見てメモを取ったりした。後日の学習では自らの家族構成に合った持ち出し袋も作った。

 8月下旬から約1カ月間、HIAの「すぐに役立つ日本語講座」で、買い物や電車の利用など日常生活に必要な日本語を勉強。自分や家族らの命を守る防災や減災にも意識を高めるため、安全への心構えや知識の習得、日本語で他の人に伝えることも目指してきた。

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 欧州ニュースアラカルト 「記録的な熱波は始まりに過ぎない」 ポルトガルの若者が欧州人権裁判所に提訴

  2. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

  3. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  4. NY株続落、509ドル安 1カ月半ぶり安値 コロナ再流行の影響懸念

  5. ウィズコロナへトライ! 県内の園児から中学生120人、ラグビーで運動不足解消 中電監督ら直接指導 /山口

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです