特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

仙台地裁判決 「産み育てる自由奪われた」 原告「国は謝罪を」 中央区で問題点考える集会 /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
旧優生保護法の問題点を語る新里弁護士
旧優生保護法の問題点を語る新里弁護士

 旧優生保護法(1948~96年)を憲法違反と認定しながら、不妊手術を強いられた女性2人の国家賠償請求を棄却した5月の仙台地裁判決について考える集会が29日、中央区であり、約100人が参加した。原告の1人で20年前から被害を訴えてきた飯塚淳子さん(仮名)が「16歳で手術されてからの道のりはとても苦しく長かった。国は早急に全ての被害者に謝罪してほしい」と訴えた。

 判決は「旧法に基づく不妊手術は子を望む者の幸福を一方的に奪うもので、権利の侵害は極めて甚大」として旧法を違憲としながら、国会が被害者救済の法制度を整備しなかったことは違法と認めず、原告2人の請求を棄却。2人は仙台高裁に控訴した。集会は判決の問題点を考えようと、福岡優生保護法被害弁護団などが開いた。

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文583文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集