メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの味この味

鹿児島・黒豚しゃぶしゃぶ 口溶けの良さ、脂の甘み /鹿児島

赤身と脂身のコントラストが美しい「かごしま黒豚」のバラ肉

 鹿児島県を代表する黒豚料理の一つ「しゃぶしゃぶ」。味に工夫を凝らした飲食店が県内各地に立ち並ぶ。近年はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通した情報発信で、味を確かめに訪れる外国人観光客も多い。鹿児島市内の店を訪ねて人気の理由を探ってみた。

 大皿に一枚ずつ丁寧に盛り付けられた薄切り肉がテーブルに運ばれてくると、店内のあちらこちらで感嘆の声が響いた。もつ鍋と黒豚しゃぶしゃぶの専門店「万十屋」(鹿児島市東千石町)。石鍋が沸騰する頃合いを見計らい、慎重に箸でつまんで、湯気が立ち上がるだし汁にくぐらせて頰張る。豊かな味わいに思わず「うまい」とうなってしまった。

 鹿児島県黒豚生産者協議会によると、県の黒豚の歴史は古く、そのルーツは400年前にさかのぼる。時の島…

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1100文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「水が使えない」冠水で悲鳴 佐賀駅も水浸し 九州北部大雨被害広がる

  2. 米KFCで肉なし「フライドチキン」試験販売 購入の長い列

  3. 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  4. はなわさん自宅周辺も浸水 佐賀市在住 「命を守って!」と呼び掛け 

  5. 九州北部大雨で大雨特別警報 85万人に避難指示 佐賀・松浦川などが一時氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです