メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「厳重注意」議事録なし 「介入」批判回避か NHK経営委

 かんぽ生命保険の不正販売問題を報じたNHK番組を巡り、NHK経営委員会が昨年10月に日本郵政グループの要求を受けて同局の上田良一会長を厳重注意した問題で、経営委が公開する議事録に厳重注意の事実が掲載されていないことが判明した。放送法は委員長に議事録の作成と公表を義務づけているが、厳重注意は議事録を公開しなくて済む非公表の場で行われていた。同局関係者は「厳重注意が表面化して、放送法が禁じる経営委員による個別番組への介入に当たるとの批判が出るのを恐れたのではないか」と指摘する。【NHK問題取材班】

 厳重注意の発端は、不正販売問題を報じた「クローズアップ現代+(プラス)」の番組に絡み、郵政側がNHK内のガバナンス(統治)に関する説明を上田会長らNHK執行部に要求したことだった。注意を主導した複数の経営委員は「本来的には経営委ではなく、執行部側が対応すべき事案と考えたので非公表の場で注意した」と説明した。

 NHKの最高意思決定機関である経営委の議事録は、経営の透明性を確保するため、放送法41条で委員長に作成と公表を義務づけている。ただ、どこまでの内容を載せるかは経営委の裁量に委ねられている。

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文1113文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  2. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  3. 山下達郎さん、ライブ映像を初配信へ 「再びライブができるまで違う可能性を」

  4. 女子生徒にわいせつ行為、トイレに落書き「すけべやろう」 教諭ら懲戒処分 千葉県教委

  5. 委員会出席の区議に職員がお茶出すべきか 14年余も結論出せない豊島区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです