メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

河野防衛相、沖縄訪問 辺野古移設「段取り」消化

河野太郎防衛相(左)と言葉を交わす玉城デニー沖縄県知事=那覇市の沖縄県庁で2019年9月29日午後5時33分、遠藤孝康撮影

 河野太郎防衛相は29日、就任後初めて沖縄県庁を訪れて玉城デニー知事と会談し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設に理解を求めた。玉城氏は改めて工事中止を主張した。辺野古沖で見つかった軟弱地盤の改良工事には、県から設計変更の承認を得る必要があり、政府は担当閣僚の交代あいさつなどの「段取り」を一つ一つ消化することで工事の完遂を図る。10月4日で就任1年を迎える玉城氏は対決姿勢を崩しておらず、平行線の構図が続いている。

この記事は有料記事です。

残り1563文字(全文1779文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

  4. こんな手口聞いたことない 認知症の高齢者から自宅聞き出し、貴金属業者呼んで強盗

  5. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです