メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

小さな町でできたこと=山田孝男

 房総大停電のさなか、自前の発電設備をもつ千葉県睦沢町(むつざわまち)の「道の駅むつざわ/つどいの郷(さと)」が、併設の浴場を開放、防災拠点として面目を施した。

 延べ1000人がシャワーを浴び、携帯電話を次々充電したという。<エネルギー地産地消>のモデル施設として今月1日、開業したばかりだった。

 被災を機敏にカバーした小さな町の取り組みに、人口減、高齢化、災害多発の時代を生き延びるヒントがあるように思う。

この記事は有料記事です。

残り1154文字(全文1358文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  4. 「幸楽苑」150店舗を当面休業 台風19号が福島・郡山の工場に影響

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです