メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

商船三井/下 安全・環境保全へ「船舶維新」

氷に閉ざされた北極海航路を航行する「砕氷LNG船」=商船三井提供

 <since 1884>

 21世紀に入って、世界の海運企業は何を目指してきたのか――。商船三井の川越美一専務執行役員(60)の答えは明快だ。「安全、そして環境保全のイノベーション(技術革新)です」

 環境保全は地球を守るために不可欠であり社会のニーズに合う。企業がこれに挑むことは顧客の要求にもかなう。技術で時代の要請に応えるために、海運企業は「船のあり方を追求しイノベーションを起こしてきた」と川越専務執行役員は解説する。

 実際、船はイノベーションの連続である。近代以降をみても、18世紀までは帆船が世界の海を席巻したが、…

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文782文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 皇居近くの首都高でトレーラー炎上

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです