メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校とわたし

異国での勉強を武器に=カヌー五輪銅メダリスト・羽根田卓也さん

羽根田卓也さん

カヌー五輪銅メダリスト・羽根田卓也(はねだ・たくや)さん

 世界で戦う力をつけようと、高校卒業後、中欧のカヌー強豪国のスロバキアに渡りました。現地の選手たちのクラブチームでトレーニングする毎日でしたが、2009年、21歳の時にミラン・クバン・コーチの勧めで、彼の母校の首都ブラチスラバにある国立コメニウス大学の体育スポーツ学部に進学しました。

 日本人は自分だけのチームで約2年間過ごし、スロバキア語は日常会話には問題ないレベルにはなっていました。ただ、大学というアカデミックな場所で使われる言葉は日常会話とは次元が違いました。授業の選択方法や評価基準の説明などが理解できず、授業に出席する前段階でつまずきました。同じクラスの友だちに「夜ご飯をおごるから」などとお願いして説明してもらったこともあります。

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文1075文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです