メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

2020プログラミング元年 ロボットで社会の課題解決 世界を目指す子どもたち

高齢者のための歩行サポートロボットを紹介する(右から)小助川晴大さん、山本創心さん、只石倖大さん=兵庫県西宮市の関西学院大学で

 <kyoiku no mado>

 ロボットプログラミングで社会的課題の解決策を――。世界の子どもたちがそのアイデアと技術を競う「世界ロボット五輪」(WRO=World Robot Olympiad)が11月にハンガリーで開かれる。出場を目指し国内の決勝大会に臨んだ小学生3人の姿を追った。【成田有佳】

この記事は有料記事です。

残り1538文字(全文1689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホンダ熊本が8強入り決める JR東日本は打線が沈黙 都市対抗

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 競馬ジャパンカップ アーモンドアイが有終の美 引退レースで最強証明

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです