メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

伊丹三樹彦を悼む=酒井佐忠

 伊丹三樹彦さんが亡くなった。99歳だった。5月には仲間たちとの合同句集『阪神心景』の刊行と、数えの年齢で「百寿」を迎えた記念会がにぎやかに開かれたという。師の日野草城が提唱した「新精神と自由主義」そのものを体現した生涯。私のところにも「記念号」となる季刊俳誌「青群」が届いた。俳句に新風を吹き込み、写真と俳句を連動させる「写俳」など行動的な「全身俳人」の100歳目前の死。俳句に貫かれた見事な人生だった。

 <俳人です 田畑は持たぬ 老眼鏡><季も 海も 超えて 俳句は世界の歌><天上の 句友と握手 夢の…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  3. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  4. 茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです