メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小児がん征圧キャンペーン「生きる」

小児がん征圧キャンペーン 竹下景子さんら歌声

 小児がんの子どもや家族のためのチャリティー公演「ごえんなこんさぁと」(認定NPO法人・朴(ほお)の会主催、毎日新聞社後援)が29日、東京都中央区の第一生命ホールであり、小児がん経験者を含む約550人の聴衆が女優の竹下景子さんの朗読や音楽などを楽しんだ。

 竹下さんは合唱団と一緒に歌声を披露した。各地で入院している子どもに歌や生演奏を楽しんでもらう「音楽とどけ隊」のメンバーもステージに立ち、軽快な歌声で会場を沸かせた。

 公演には、北海道滝川市にある難病児向けの自然体験施設「そらぷちキッズキャンプ」を利用した子どもたち…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文534文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

  4. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  5. 仮面ライダー 大人向け変身ベルト「CSM」イベント スチーム噴射、モーションセンサー搭載 “未来のベルト”も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです