メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関電、福井・高浜町の元助役に専門担当者

記者会見する関西電力の岩根茂樹社長(中央)=大阪市北区で2019年9月27日午前11時11分、梅田麻衣子撮影

 関西電力の幹部ら20人が、原発が立地する福井県高浜町の元助役から金品を受け取っていた問題で、関電が元助役専門の担当者を置いていたことが明らかになった。関電社内では元助役を「先生」と呼ぶ社員もおり、元助役を長期間にわたって特別扱いしていた。関電は2日に改めて記者会見を開く。

 関電は、昨年7月に社外弁護士を含む調査委員会を設置。同9月に、八木誠会長や岩根茂樹社長ら20人が2011~18年に元助役の森山栄治氏(今年3月に90歳で死去)から総額3億2000万円の金品を受け取っていたとの調査結果をまとめた。関係者によると、森山氏は高浜原発誘致の中心人物とされ、1987…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

  4. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  5. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです