ポイント還元、8万店間に合わず「手続き複雑、国も準備不足」店側に不満の声

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
キャッシュレス化を進める屋台だが、手続きの遅れで10月1日のポイント還元に間に合わなかった=福岡市内で2019年9月27日午後9時1分、平川昌範撮影
キャッシュレス化を進める屋台だが、手続きの遅れで10月1日のポイント還元に間に合わなかった=福岡市内で2019年9月27日午後9時1分、平川昌範撮影

 消費税増税に伴い国が導入したキャッシュレス決済によるポイント還元制度で、増税に間に合うように申請した中小店舗約58万店のうち、少なくとも約8万店が10月1日に間に合わなかったことが、経済産業省への取材で判明した。国は大半が書類不備のためと説明するが、店舗からは「手続きが複雑で、書類の修正も含めて申請期間を設けるべきだ。国の準備不足ではないか」との声も上がる。

 ポイント還元制度は消費税率が8%から10%へ上がることによる消費減退を抑制するために政府が導入。クレジットカードや交通系ICカード、スマートフォンなど現金を使わない手段(キャッシュレス)で決済すれば、購入額の最大5%分が消費者に還元される。還元分は国が負担する。

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文925文字)

あわせて読みたい

注目の特集