メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジが観光ビザ解禁 日本など49カ国対象 外国人女性の全身黒布着用も緩和

観光ビザの解禁を宣言するサウジアラビアの観光当局幹部=首都リヤドで9月27日、ロイター

 サウジアラビア政府は9月27日、これまで原則として発給を認めていなかった観光ビザを解禁した。国営サウジ通信などが伝えた。

 厳格なイスラム教の戒律を重視するサウジでは従来、聖地メッカ巡礼や商用目的などに限りビザを発給し、原則として観光ビザを拒んできた。だが社会・経済改革を進めるムハンマド皇太子の下、産油国として石油産業に過度に依存してきた経済構造から脱却し、観光産業の活性化を図る狙いがあるとみられる。

 観光ビザ発給の対象は日本を含む49カ国の国民で、同28日からインターネットを通じて申請の受け付けを始めた。一部の大使館などでも受け付けるという。ビザ有効期間は1年で、1回の入国につき最長滞在期間は90日間。女性は従来、外国人でも全身を覆う黒布(アバヤ)の着用が求められてきたが、この規定も撤廃される。ただ過度に肌を見せないことなど、現地の慣習に配慮した服装は必要という。一方、聖地メッカやメディナ入…

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 巨人の複数選手、新型コロナ感染が判明 2選手か 練習試合中止

  3. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  4. 北九州市、再び分散登校へ 市立小中5校で12人の児童生徒感染

  5. 漫画で解説 アイヌってどんな民族?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです