メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不当逮捕とみられる男優へ減刑 露裁判所 抗議受け保釈、やり直し公判

ロシア大統領府前で「パベル・ウスティノフを釈放すべきだ」とのプラカードを掲げる男性=モスクワで2019年9月18日、大前仁撮影

 モスクワの裁判所は9月30日、同市議会選に先立つ8月上旬のデモで警官に対する暴行などの罪に問われた男優、パベル・ウスティノフさん(23)へのやり直しの公判を開き、禁錮3年6月から執行猶予付きの禁錮1年へ減刑した。無抵抗のウスティノフさんが警官に暴行される様子を撮影した動画が拡散し、ロシア国内で抗議が広がっていた。弁護士によると、ウスティノフさんは無罪としなかった判決を不服として上訴する方…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  3. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです