メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「福島県産の水産物は安全」 年内に4会場でアピール

体長40センチほどのスズキを持ち上げ笑顔をみせる小学生=福島市北矢野目の市公設地方卸売市場で2019年9月29日、渡部直樹撮影

 福島県産水産物のおいしさや安全性をアピールするイベント「ふくしまおさかなフェスティバル」が29日、福島市の公設地方卸売市場で開かれた。県産品の販売のほか、サンマのつかみ取りやヒラメのさばき方教室などがあり、親子連れなど多くの人でにぎわった。【渡部直樹】

 県や県漁連、卸売業者などで作る実行委員会が主催。東京電力福島第1原発事故後、福島沖では試験操業が続く中で、地元での消費を拡大させようと2015年にいわき市で初めて開催。その後毎年開かれ、昨年からは中通りと会津地方でも開催されている。

 30種類近い水産物の即売コーナーや、サンマのつかみ取り大会のほか、県の水産資源研究所もブースを出展…

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)

  3. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  4. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  5. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです