メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自転車マナー向上を 人気の落語家が音声アナウンス シミュレーター活用も 大阪

「自転車は降りて通行して」と呼びかける桂三風さん(中央)=大阪市北区天神橋3の天神橋筋商店街で2019年9月26日、堀祐馬撮影

 最も身近な乗り物の一つである自転車の事故が後を絶たない。免許証のいらない気軽な移動手段として親しまれる一方、信号無視やスマートフォンを操作しながらの運転といったルール違反も目立つ。こうした事態に府警は取り締まりや指導に本腰を入れている。【堀祐馬】

 「あ~、ちょっとちょっと! ここ自転車降りて押してください。おおきに」

 大阪市北区の天神橋筋商店街では、秋の交通安全運動が始まった21日、地元の寄席「繁昌亭」で人気の落語家、桂三風さん(58)がこう関西弁で語りかける音声アナウンスを流す取り組みを始めた。

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文988文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大村知事「東京、大阪は医療崩壊」 吉村知事「根拠が不明」 会見、ツイートで応酬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです