メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

表現の不自由展、「再開4条件」提示 実行委に大村・愛知県知事、協議開始呼びかけ

表現の不自由展再開に向けた4条件を説明する大村秀章・愛知県知事=名古屋市中区の愛知県庁で2019年9月30日午前9時22分、竹田直人撮影

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が脅迫電話などで中止に追い込まれた問題で、芸術祭実行委員会会長の大村秀章・愛知県知事は30日午前、緊急記者会見を開き、表現の不自由展実行委に対し、4条件を示して「再開に向けた協議開始を呼びかけた」と明らかにした。

 大村知事は▽会場の警備は(不自由展実行…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文390文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  5. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです