メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市職員が個人情報悪用 女性にLINEで無断連絡、停職3カ月

LINEの画面(画像はイメージ)

 大阪市は30日、住吉区役所の窓口を訪れた20代女性の携帯電話番号を勝手に控え、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で連絡を取ったとして、同区役所総務課で事務担当の男性職員(57)を停職3カ月の懲戒処分にした。「優しい雰囲気が気に入った」という女性とやりとりするため、番号を控えたことを認めているという。

 市によると、保険年金課にいた男性職員は7月9日に窓口で、女性から国民年金保険料免除・納付猶予の申請書を受け取り、携帯番号を書き写して持ち帰った。その後、休みだった同月11日、女性のLINEアカウントを番号で検索し、暑中見舞いのLINEスタンプを送った。男性職員は自身の写真や実名をアカウントに用いており、女性から「区役所の方ですか」と返信があった時点で事の重大さに気づき、それ以上のやりとりはしなか…

この記事は有料記事です。

残り72文字(全文424文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  3. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです