メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「今年度で決めたい」「『行きたい』より『行ける』大学に」最後のセンター試験受け付け開始

大学入試センター試験の出願受け付け初日、志願票の記載内容などを確認する職員ら=東京都目黒区で2019年9月30日午前9時45分、佐々木順一撮影

 今年度で最後となる大学入試センター試験(来年1月18、19日)の出願受け付けが30日、始まった。来年度から新たに実施される大学入学共通テストは英語民間試験や記述式問題の導入など試験内容が大きく変わる上に、詳細が不明な点もあることから、受験生の間には「今年度のうちに合格しなければ」と「安全志向」が広がっている。

 「共通テストは全てが様変わりしてしまうので正直、何をやったらいいか分からない。今年度で決めたい」。神奈川県内の高校3年の女子生徒の第1志望は難関私大の文系学部。今のところ変える予定はないが、友人の中には「『行きたい』より『行ける』大学にという気持ちになっている子もいる」という。

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文1003文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  3. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  4. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです