メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人気駅弁「野辺地とりめし」販売を一時休止 原材料調達難しく 青い森鉄道

販売休止になった野辺地とりめし=2019年9月27日午後3時11分、江沢雄志撮影

 青い森鉄道の野辺地駅(青森県野辺地町)などで販売され、60年以上にわたって地域で親しまれてきた駅弁「野辺地とりめし」が9月30日をもって販売を一時休止した。ただ、販売休止を前に注文が殺到するなど地元では惜しむ声が多く、製造するウェルネス伯養軒(本社・仙台市)青森支店の担当者は「販売再開の可能性も含め、今後の販路を検討したい」と話す。【江沢雄志】

 野辺地とりめしは、県内で製造されたしょうゆを使って煮た鶏肉や煮汁で炊きあげたご飯などが入った素朴な味が特徴の人気駅弁。味は販売が始まった1952年から変えておらず、作り方は代々の製造者が口頭で伝えてきたという。通常、駅弁は観光シーズンが最盛期となるが、野辺地とりめしはねぶたの時期よりもお盆の時期に注文が多くなるといい、ふるさとの味としても楽しまれてきた。

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文687文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 「パンデミックでない」WHO強調 新型コロナ感染拡大で危険性「最高」に引き上げ

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. 名古屋の訪問介護ヘルパーが新型コロナ感染 利用者の感染は確認されず

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです