メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今世紀末の温暖化被害額、世界のGDPの8.6%に 国立環境研など試算

アルゼンチン・ブエノスアイレス郊外のトウモロコシ畑。主要穀物は温暖化で収量減の懸念が高まっている=2019年8月2日、ロイター

 地球温暖化がこのまま進んだ場合、今世紀末時点の被害額は農業生産など深刻な影響が予測される9項目だけで見ても、最大で世界各国の国内総生産(GDP)合計の8・6%に上る――。そんな試算を国立環境研究所(茨城県つくば市)などの研究チームが、英科学誌ネイチャー・クライメート・チェンジに発表した。

 世界の平均気温の上昇を産業革命前に比べて2度未満に抑えるという温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の目標を達成できるなどすれば、損失額はGDP合計の1・2%以下に抑えられるという。

 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)によると、効果的な温暖化対策を取らなければ、今世紀末…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文790文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. フェレットにかまれ感染症で死亡の警官 公務災害と認定 大分県警

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです