特集

気候変動

気候変動対策強化へ世界が動き始めました。日本も新たな目標を設定。地球を守るために何が必要でしょうか。

特集一覧

今世紀末の温暖化被害額、世界のGDPの8.6%に 国立環境研など試算

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アルゼンチン・ブエノスアイレス郊外のトウモロコシ畑。主要穀物は温暖化で収量減の懸念が高まっている=2019年8月2日、ロイター
アルゼンチン・ブエノスアイレス郊外のトウモロコシ畑。主要穀物は温暖化で収量減の懸念が高まっている=2019年8月2日、ロイター

 地球温暖化がこのまま進んだ場合、今世紀末時点の被害額は農業生産など深刻な影響が予測される9項目だけで見ても、最大で世界各国の国内総生産(GDP)合計の8・6%に上る――。そんな試算を国立環境研究所(茨城県つくば市)などの研究チームが、英科学誌ネイチャー・クライメート・チェンジに発表した。

 世界の平均気温の上昇を産業革命前に比べて2度未満に抑えるという温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の目標を達成できるなどすれば、損失額はGDP合計の1・2%以下に抑えられるという。

 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)によると、効果的な温暖化対策を取らなければ、今世紀末の気温は4度程度上昇すると予測される。

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文790文字)

【気候変動】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集