メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良・生駒市、野良猫の避妊・去勢費用を全額補助 ふるさと納税活用

手術を施された猫。右耳に手術をした印のV字カットがある=奈良県生駒市提供

 奈良県生駒市は30日、所有者不明の野良猫の避妊・去勢手術の費用を10月1日から、市がふるさと納税を活用して全額負担すると発表した。市によると、ふるさと納税の寄付を活用した全額費用負担は全国の市町村で初めてという。地域住民や動物病院の協力も得て、「猫の殺処分ゼロ」を目指す。

 市は2008年度に補助制度を設け、18年度からは従来の2倍の避妊1万円、去勢8000円を助成してきた。今回はさらに上乗せし、市が1匹当たり避妊手術費1万6500円、…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アップルがアプリストアから「フォートナイト」削除 手数料巡り「バトル」激化

  2. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  3. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  4. 「高熱でも宿泊拒否できない」旅館業法 GoToは大丈夫か ホテル苦慮

  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです