メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井七段が白星スタート 三浦九段降す 王将戦リーグ

王将戦リーグ初戦で三浦弘行九段に勝ち、質問に答える藤井聡太七段=東京都渋谷区で2019年9月30日午後7時50分、梅村直承撮影

[PR]

 渡辺明王将(35)への挑戦者を決める第69期王将戦リーグ(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大阪王将特別協賛)の1回戦、三浦弘行九段(45)と藤井聡太七段(17)の対局が30日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた。初のリーグ入りを果たした現役最年少棋士の藤井が135手で勝ち、白星スタートを切った。

 藤井は「難しい将棋で、勝ちになったと感じたのは終局の直前だった。2戦目以降も気を引き締めていきたい」と語った。三浦は「踏み込むべき時に踏み込んでくる藤井さんはさすがだと思った」と話した。

 藤井の次局は10月7日で、豊島将之名人(29)と対戦する。【山村英樹】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  2. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. WEB CARTOP 安全性も走行性能もクルマは大幅に進化したのに50年前のまま! 日本の制限速度はなぜ見直されないのか

  5. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです