メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元助役、現金や商品券を関電幹部に直接手渡し 京都支社などに出向く

記者会見で質問に答える関西電力の岩根茂樹社長=大阪市北区で2019年9月27日、梅田麻衣子撮影

 関西電力の幹部ら20人が、原発が立地する福井県高浜町の元助役から総額3億2000万円分の金品を受け取っていた問題で、元助役が関電の施設に出向いて幹部らに直接、現金や商品券などを手渡していたことが明らかになった。関電は10月2日に大阪市内で記者会見を開き、これらの金品授受の詳細について公表する。

 1977年に高浜町の助役に就任した森山栄治氏(今年3月に90歳で死去)は、85年に営業運転を始めた関電高浜原発3、4号機の誘致に関する地元調整に尽力。87年に助役を退任して以降も強い影響力を持ち続けた。関電関係者によると、元…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ずっと失業者かも…」 新型コロナで求人減少と面接会中止 離職者に逆風

  2. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです