メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

表現の不自由展、早ければ6日再開へ 芸術祭実行委側が譲歩した形に

記者会見で、展示再開で合意したことを伝える不自由展実行委のメンバーら=名古屋市中区で2019年9月30日午後0時47分、川瀬慎一朗撮影

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題で、不自由展実行委員会が展示再開を芸術祭実行委(会長・大村秀章知事)に求めた仮処分の審尋が30日、名古屋地裁(片田信宏裁判長)であり、展示再開で合意して和解が成立した。仮処分の却下を求めていた芸術祭実行委側が譲歩した形で、早ければ10月6日に中止前と同様の形で展示を再開し、従軍慰安婦を象徴する少女像なども改めて展示する。

 芸術祭実行委は審尋前、再開に向けて不自由展実行委側に、犯罪や混乱を誘発しないよう(会場警備などで)双方が協力▽安全維持のため入場は事前予約の整理券方式▽必要に応じ(来場者に)エデュケーション(教育)プログラムを実施▽来場者に(県の検証委員会の)中間報告の内容などをあらかじめ伝達――などとする「4条件」を提示。展示内容は基本的に中止前の通りとされ、不自由展実行委側が審尋で受け入れ、和解が成立した。…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 19日開幕に影響懸念

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. ポストコロナの世界 「人生は富を築くだけのものなのか」 “世界一貧しい”元大統領がコロナ禍で問う価値観

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです