メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岡田6位、藤井7位 日本勢10年ぶり入賞 女子20キロ競歩

 陸上の世界選手権は第3日の29日、ドーハで女子20キロ競歩があり、岡田久美子(ビックカメラ)が1時間34分36秒で6位、藤井菜々子(エディオン)が1時間34分50秒で7位に入った。この種目の日本勢では2009年ベルリン大会の渕瀬真寿美の6位が最高成績で、10年ぶりの入賞。2人入賞は史上初めて。

 2人は序盤から縦長となった集団の後方につけていたが、8キロ過ぎで遅れた。だが、粘って2人で前を追い続け、12キロ付近から入賞争いに。最後は岡田が突き放したが、見事に2人同時入賞を果たした。

 3大会連続出場で27歳の岡田だが、今季が最も充実していた。6月のスペインでの国際競技会で1時間27分41秒を出し、10年ぶりに日本記録を塗り替えた。記録向上の要因は、つま先から着地する男子マラソン日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)をイメージし、昨年から取り組んだフォームの改善。以前は後ろに反り気味だったが、背筋など体の後ろ側の筋肉を鍛え、骨盤が前に傾くように意識したフォームにして推進力が増した。

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  5. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです