メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神先発の青柳、持ち味を存分に発揮 要所で併殺に打ち取る

【阪神-中日】阪神の先発・青柳=阪神甲子園球場で2019年9月30日、平川義之撮影

 九回2死二塁。阪神のCS進出に向けて「あと1人」コールは「あと1球」の大声援に変わった。抑えの藤川が空振り三振に打ち取ると、矢野監督は「これを信じてやってきた」。トーナメント戦のような負けられない戦いの中で6連勝。逆転CS進出が決まった。

 流れを呼び込んだのが先発・青柳だ。「前日が一番緊張した」と言いながら、大舞台のプレッシャーに負けず2併殺打を奪って持ち味を存分に発揮した。

 球数は要しながらも要所では低めに球を集めてしっかりと内野ゴロに打ち取る。四回1死一、二塁ではビシエドを遊ゴロ併殺に。打線が2点を先取した直後の五回は、先頭の高橋に13球投じた末に四球を許したが、続く阿部はツーシームで遊ゴロ併殺に仕留め「大事なところでしっかりゲッツーを取ることができた」。規定投球回にも到達し、今季ローテーションを守り続けた先発陣の柱の一人の実力を見せた。

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  2. 無言の抵抗の思いとは?医療従事者100人、ベルギー首相に背を向け「冷たい歓迎」

  3. 特集ワイド 乱世で「小池劇場」再び 風読みコロナ対応次々、好感度上昇

  4. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  5. 特集ワイド 元文科相・田中真紀子さん 秋入学、まず大学だけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです