メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

得意のパス回し、汗に阻まれ…サモア遠い1点 次は日本戦

【スコットランド-サモア】前半、タックルで相手を倒すサモアのイオアネ(左)=ノエビアスタジアム神戸で2019年9月30日、山田尚弘撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、日本と同じ1次リーグA組のサモア(世界ランキング15位)は30日、ノエビアスタジアム神戸でスコットランド(同9位)と対戦し、0―34で敗れた。通算成績は1勝1敗。(世界ランキングは29日現在)

 1点が遠いチームを、会場全体から湧き起こる「サモア」コールと手拍子が後押しする。後半25分過ぎ、相手陣10メートル付近のラインアウトからボールを一気に左へ展開。だが、サイド突破を図った選手がボールを落とし、反撃ムードはしぼんだ。

 少し体を動かすだけで、ユニホームがぐっしょりとぬれるほどの蒸し暑さ。J・ラム主将が「まるでせっけんのようだ」と言うほどボールは滑りやすく、サモアが得意とする奔放なパス回しは影を潜めた。バックスへ展開してもミスが多く、ならばと密集の近場を狙い、泥臭く突破を図った。しかし、攻撃は単調になり、最後までスコットランドの防御を破れなかった。

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文817文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  5. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです