メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

松岡茉優 切なさと高揚感表現 映画「蜜蜂と遠雷」で主演

=内藤絵美撮影

 4日公開の映画「蜜蜂と遠雷」で、“元天才少女”のピアニストを演じる。直木賞と本屋大賞を受賞した恩田陸の同名小説が原作で、映画ではその中の4人のキャラクターに焦点をあてた。

 「クラシックピアノの映画だけれど、疾走感があって少年漫画のよう。4人それぞれが背負った思いと、音楽を楽しんでほしい」と話す。

 ある国際ピアノコンクールに集ったピアニストたちの物語。演じる栄伝亜夜は、幼い頃から才能が注目されていた。母の死をきっかけにピアノから遠ざかったが、このコンクールで再起をかける。

 孤独な天才役は、競技かるたを巡る高校生の青春を描いた映画「ちはやふる」シリーズ以来。「身のまわりに…

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文957文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

  4. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  5. 漫画喫茶刺殺 検察「紙めくる音にいらだち殺害」 被告側は責任能力の有無争う 名地裁初公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです