メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西川ヘレンのこれ食べてみて

豚と実サンショウの卵とじうどん のり風味のホウレンソウのおひたし 五感で楽しむ秋の到来

豚と実サンショウの卵とじうどん(左)とのり風味のホウレンソウのおひたし

 涼しい季節の到来にふさわしい「豚と実サンショウの卵とじうどん」を西川ヘレンさんに教えてもらいます。身近な食材でいつものうどんが輝くように変身します。

 「あんのとろみで、ほっこりとした気分になっていただけると思いますよ」とヘレンさん。うどんをサッと煮たら、できあがりまであっという間。

 琥珀(こはく)色のだしからは既によい香りが漂っています。そこに味を引き立たせる実サンショウを入れると絶妙なハーモニーを醸します。

 うどんと豚肉を盛り付けた器に、水溶きかたくり粉と溶き卵を加えただしを注ぎ、飾りの実サンショウを少し乗せます。

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  3. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  4. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  5. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです