メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余った食品、寄付して NPOフードバンク、企業と協定 SOS増加、提供追いつかず /岩手

フードドライブに関する覚書を持つ(左から)マックスバリュ東北とフードバンク岩手の出席者=盛岡市若園町の市総合福祉センターで

 まだ食べることができるのに廃棄される「食品ロス」を減らすため、食品ロス削減推進法が10月1日に施行される。無駄を減らすために注目される仕組みの一つが、寄付された食料を必要な人へ届ける「フードバンク」活動だ。県内でもNPO法人が「『もったいない』を『ありがとう』に変えよう」と取り組んでいるが、寄付が足りないなど課題も多い。【藤井朋子】

 盛岡市の市総合福祉センターで9月26日、マックスバリュ東北(秋田市)とNPO法人フードバンク岩手(…

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1017文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  3. 阪神大震災25年 父を失った。でも出会った人がいる 尼崎市の小島汀さん、竹灯籠に「結婚したで」

  4. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

  5. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです