メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

災害時相互応援、浦安市が江戸川区と協定締結 /千葉

災害時の相互応援で協定を結んだ浦安市の内田悦嗣市長(左)と江戸川区の斉藤猛区長=千葉県浦安市役所で

 旧江戸川を挟んで隣接する浦安市と東京都江戸川区は、水害や地震などの災害時に救援物資の提供など相互応援を行う協定を締結した。同市が近隣の自治体と単独で災害協定を結ぶのは初めて。同区は市川市とも同様の協定を結んでいる。

 協定では、大規模災害の発生時に職員の派遣や被災住民の受け入れ、食糧や生活物資などの提供を行うことを定めた。

 同区は江戸川、荒川の最下流で東京湾に面しており、多くの地域が海抜ゼロメートルで浸水の危険性が高い。今年5月には千葉県や東京都西部など区外への広域避難を呼びかける水害ハザードマップを策定している。

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文410文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  5. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです