命奪われた老犬たちの瞳… 児玉さん、無責任な飼育開始に警鐘 フォトブック出版 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
高齢者の緊急入院で家にとり残され、施設に収容されたラブラドールレトリバー=「老犬たちの涙~〝いのち〟と〝こころ〟を守る14の方法」(KADOKAWA刊)より
高齢者の緊急入院で家にとり残され、施設に収容されたラブラドールレトリバー=「老犬たちの涙~〝いのち〟と〝こころ〟を守る14の方法」(KADOKAWA刊)より

 なぜ、老犬たちは捨てられたのか――。フォトジャーナリストの児玉小枝さん(大阪府在住)が、行政施設に収容された老いた犬たちを追いかけたフォトブック「老犬たちの涙~“いのち”と“こころ”を守る14の方法」(KADOKAWA刊)を出版した。「殺処分ゼロ」の取り組みが進む裏側で、それでも命を奪われていった老犬たちの瞳は何を訴えているのか。【東海林智】

 児玉さんは、20年以上、人と動物の共生をテーマに取材を続けている。行政施設で殺処分される直前の犬や猫を撮影し、1998年から「どうぶつたちへのレクイエム」として写真展を開き、殺処分の現実を広く訴え大きな反響を呼んだ。当時と比べると、殺処分ゼロに取り組む自治体が出てきたり、数も減ったりした。けれど、環境省の2017年度のデータでは、年間3万9327頭が収容され、8711頭は元の飼い主が迎えにくるこ…

この記事は有料記事です。

残り958文字(全文1331文字)

あわせて読みたい

注目の特集