メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

“がっせぇ”筆遣いの280点 障がい者が絵画や書 豊岡 /兵庫

「がっせぇアート展」に出品した自作を説明する茨木朝日さん=兵庫県豊岡市中央町の豊岡稽古堂で、村瀬達男撮影

 障がい者の作品展「がっせぇアート展」が豊岡市中央町の豊岡稽古(けいこ)堂で開かれている。兵庫、京都、大阪の227人が280点を出品した。6日まで。無料。

 「がっせぇ」とは但馬弁で「すごい」の意味。養父市のNPO法人がっせぇアート(茨木やよい理事長)が主催し、10回目。

 会場には精神、知的、視覚に障がいがある13~83歳の水彩画や書などが並ぶ。養父市関宮町の水野陽太さん(19)は動物80匹を描いて…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  2. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. 「警察来ないと思った」 麻薬所持、沢尻容疑者供述

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです