メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高潮防災見直し 国交省、温暖化影響を考慮

 国土交通省は高潮などに対する沿岸防災を見直し、地球温暖化に伴う海面上昇や台風の強大化といった予測を反映させる方針を固めた。従来は過去に発生した高潮などを前提に備えていたが、将来予測も踏まえた対策に転換する。具体化に向け、有識者検討委員会の設置を30日に発表した。

 港湾などの防災の方向性を示した国の基本方針は、1959年の伊勢湾台風をはじめ、過去の台風で発生した最大規模の高潮から人命や財産を守ることを前提にしている。一方、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が9月2…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  2. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです