メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新閣僚に聞く

復興相・田中和徳氏

田中和徳復興相=北山夏帆撮影

 地震と津波の被災地では、住まいの復興やインフラ整備が順調に進み復興の総仕上げの段階を迎えている。一方、原子力災害の被災地では、本格的な復興に向け帰還環境の整備が進んでいる。被災地の生活を守り、発展させることが復興相として特に重要な使命だと認識している。4万人以上いる原発事故避難者には見守りや生活再建の支援、コミュニティー形成の支援が重要だ。現場主義を徹底し、被災者に寄り添った支援を進めていく。

 復興庁の後継組織は、政治の責任とリーダーシップの下で復興庁と同じような司令塔機能を発揮することが求められていると思う。福島の復興には中長期的な対応が必要で、国が前面に立って取り組むことが求められる。後継組織の設置期間についてもしっかりと検討し、被災自治体の要望を特に重く踏まえ、年内に後継組織のあり方について具体化する。

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです