メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

スコットランド自在 4T、サモアを零封

【スコットランド-サモア】前半、突進するスコットランドのラッセル(手前)=山田尚弘撮影

 (1次リーグ・第10日)

 ◆スコットランド

 高い放物線を描いたキックパスが、観客の視線をくぎ付けにした。3点リードの前半29分。相手陣右サイド、ゴールまで30メートルほどの位置から司令塔のSOラッセルが力強く蹴り上げたボールは、左サイドで待ち構えたWTBメートランドの胸にピンポイントで収まった。そのままインゴールへ飛び込み、待望の今大会チーム初トライが生まれた。

 W杯に向け、スコットランドは伝統のFW戦重視の手堅い攻めから、FWとバックスが一体となった多彩な戦…

この記事は有料記事です。

残り1408文字(全文1641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  5. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです